バナオの奮闘記

筑駒→東大→コンサルとエリートコースを歩んだ後、起業に挑戦したら大失敗。今はとある社長のもとで修行中の身。

映画レビュー『パリ20区、僕らのクラス』

 

パリ20区、僕たちのクラス [DVD]

パリ20区、僕たちのクラス [DVD]

 

 

初めて見たフランス映画。

 

フランスのパリのとある教師が、クラスの生徒たちと向き合っていく物語。

 

日本との差に驚いた。

 

一つのクラスの中に、人種も違えば、出身国籍も違う生徒が入り混じっている。

サッカーの話をすれば、どの国を応援するのかでケンカになる。

家庭環境だって全く違う。

フランス語が話せない親もいる。

着ている服も、持っている物もバラバラ。

 

そんな中で教師は戦う。

何とか生徒たちと向き合おうとする。

カッコイイ演出や音楽なんてものはない。

でも、向き合う中で、うまく行かないこともある。

そんな時は、キレてしまったり、暴言を吐いてしまったりもする。

 

普通の教師の、普通の戦いだからこそ、リアルだなと感じる。

 

日本だったら、クラスにいるのは全員同じ日本人。

みんな制服を着ていて、同じ格好をしている。

 そんなことが普通ではない世界があるのだと、知った。

 

もっと自分の考えを持っていい。

人と違ってもいいと思った。