バナオの奮闘記

筑駒→東大→コンサルとエリートコースを歩んだ後、起業に挑戦したら大失敗。今はとある社長のもとで修行中の身。

願望を明確化する方法

6/21に考えたこと。

 

自分の願望を明確化できている人は強い。

ブレない自分を持っているからだ。

 

では、自分の願望を明確化するためにはどうしたらよいのか?

私の過去の経験で、大きく3つの方法が有効だったので、まとめてみる。

 

 

 

1つ目の方法:実現したいこと、欲しいものを100個書き出す

1つ目の方法は、紙とペンがあればできる。

 

自分が実現したいこと、欲しいものを100個書き出すのだ。

いざ、書き出してみると、そこまで数がないことに気付くはずだ。

でも、そこで踏ん張って、無理やりにでも100個書き出してみてほしい。

時間がかかってもよい。

 

そうすると、自分の気付いていなかった願望がよく分かってくる。

また、本当に欲しいと思っているものと、実は欲しいと思わされてるだけのものも分かってくる。

 

恐らく、人生を賭けて何とでも実現したいこと、欲しいものは3つもないはずだ。

それに、全力を注げばよいのだ。

 

 

 

2つ目の方法:宝地図を作る

これはコンサル時代の先輩に教わったやり方である。

超有名なコンサル会社出身かつ、コンサル会社の立ち上げにも携わった方なので、間違いない。

 

何かと言うと、

宝地図を作る

のである。

 

宝地図の作り方はとてもシンプルだ。

詳しくは以下の記事を参照されたい。

www.takaramap.com

 

結局、やることはシンプルだ。

大きめのコルクボードを買ってくる。

サイズはA1サイズぐらいだと、やりやすい。

このぐらいのサイズ↓だ。

マグピンコルクボード LL 強力マグネットが付く 厚み12? タテヨコ両用 CB336

マグピンコルクボード LL 強力マグネットが付く 厚み12? タテヨコ両用 CB336

 

 

 

そこに、自分のなりたい姿や、欲しいもの、行きたい場所の写真を切り取って、貼っていくだけ。

後は、そのコルクボードを家の中でいつでも目の届く場所に貼って、日々眺めるようにする。

 

とても簡単だ。簡単だが、とても有効だ。

 

なぜ有効かというと、まず、自分の求めているものをビジュアル化できる。

また、小難しく考えず、写真をペタペタ貼るだけなので、楽しみながら作れる。

そして、ずっと見えるところに掲げておくと、潜在意識への刷り込みができる。

 

自分の願望をイメージに表し、それを沁みこませるのに最適だ。

 

 

 

 

3つ目の方法:自己啓発研修に参加する

3つ目の方法はお金がかかる。

自己啓発研修に参加するのだ。

 

世の中には有象無象の自己啓発研修が溢れているので、どなたか信頼できる人の紹介で参加したほうがよい。

 

これまで挙げた2つの方法と異なるのは、他者との対話が組み込まれている点だ。

今まで2つの方法は、自分と向き合って、自分の願望を見つけていく方法だ。

今回の方法は、他者と対比したり、講師のコーチングを受けながら、自分の願望を明確化していくことができる。

 

やはり、他者の力を借りることで、見えてくるものもある。

多少高くても参加する価値はあるはずだ。

 

ただし、くれぐれも研修に参加するだけで満足しないようにしなければならない。

研修で願望を固めたら、更に研修に行くのではなく、その願望に向けて歩みださなければダメだ。

 

 

 

願望を明確化することで、余計な迷いや失敗を避けられる。

騙されたと思ってトライしてみてほしい。