バナオの奮闘記

筑駒→東大→コンサルとエリートコースを歩んだ後、起業に挑戦したら大失敗。今はとある社長のもとで修行中の身。

思ったこと色々

7/8に学んだこと。

 

 

まず、やってみせる

山本五十六の名言に、以下のものがある。

「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。」

 

一番重いのは、"やってみせ"の部分だと思う。

まず人に言う前に、自分がやるということ。

 

朝早く起きろというなら、自分が朝早く起きること。

本を読めというなら、自分がまず本を読むこと。

姿勢を正せというなら、自分がまず姿勢を正すこと。

 

常に自分が手本となるような振る舞いをする。

 

 

 

天下を取るということ

何をもって、天下を取ったと言えるのか。

 

自分が"人にビビらない"状態が天下を取ったと言えるのかもしれない。

もしくは、全ての人と対等に話せる状態。

誰か特定の人に頭が上がらないというのは、天下を取った状態とは言えない。

 

肩書や実績ではなく、自分自身に自信をもって、誰とでも対等に話せるか。

 

 

 

野生の力、一瞬のマウンティング

野生のライオンは、どのように序列を決めるか。

毎回戦っていたら、毎回疲弊する。

互いに一瞬で判断する。

どちらが上か。どちらが下か。

 

人間も同じ。

どれだけ一瞬で自分が上であることを分からせられるか。

本当にすごい人は、一つ一つ全ての所作でそれを分からせる。

 

 『ボールルームへようこそ 第3巻』

立ち姿(シルエット)を見りゃ

一発でわかるんだよ

「上手い奴だ」っての