バナオの奮闘記

筑駒→東大→コンサルとエリートコースを歩んだ後、起業に挑戦したら大失敗。今はとある社長のもとで修行中の身。

新しいことを習得するまでのプロセス

7/9に考えたこと。

 

何かを始めて、何かを習得するまでのプロセスは、どんなことでも共通している。

 

 

 

恐怖

まず、何か新しいことを急に習得しようとすると、"恐怖"を感じる。

自分の感覚は間違っているのではないかと不安になる。

今までやっていたことと違いすぎて、恐ろしく感じる。

過去の習慣をなぞって、今までの自分を取り戻そうとする。

 

アイシールド21 3巻』には、以下の名言がでてくる。

フィールドでプレーする誰もが

必ず一度や二度

屈辱を味わわされるだろう

 

打ちのめされたことがない

選手など存在しない

 

ただ一流の選手は

あらゆる努力を払い

速やかに立ち上がろうとする

 

並の選手は少しばかり

立ち上がるのが遅い

 

そして敗者はいつまでも

グラウンドに横たわったままである

 

テキサス大フットボールコーチ

ダレル・ロイヤル

アイシールド21【期間限定無料】 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

"恐怖"を克服するまでは、何度も何度も、速やかに立ち上がり、

トライし続けることが必要ということなのだろう。

 

 

 

順応

"恐怖"の状態を乗り越えてくると、"順応"し始める。

 

 

ボールルームへようこそ』に"恐怖"からの"順応"が表されている場面がある。

 

ボールルームへようこそ』は、社交ダンスの漫画。

主人公は、ひょんなことから社交ダンスを始めて、それにのめり込んでいく。

主人公は、ある時ダンスのパートナーと体が一体化したような感覚を得る。

そして、それに"恐怖"を感じる。

 

そこで、昔からダンスをやっていて実績もある友人にその感覚を相談する。

彼らは、既にその感覚を何度も味わっていると主人公に伝える。

 

その後の主人公の心の中が以下のシーン。

 

この人たちの次元で

見えてるものは何だ

 

さっきまで感じていた不安は…?

 

「理解を超えた」と怖くなり

心が動揺しただけ…

頭で疑う前から

体では とっくに

受け入れが済んでいたこと

 

あれは 心地がよかったんだ

 

やっと

頭が体に追いついた

 

…うん、これはダンスなんだから

体が受け入れたものを

頭でも信じる他ないんだな…

ボールルームへようこそ(1) (月刊少年マガジンコミックス)

 

 

ダンスでなくても同じだと思う。

 

体や深層心理が受け入れたものを、頭でも納得させる。

 

 

 

本能的に正しいと思うことにトライする。

そして、"恐怖"を乗り越え"順応"するまで続ける。