バナオの奮闘記

筑駒→東大→コンサルとエリートコースを歩んだ後、起業に挑戦したら大失敗。今はとある社長のもとで修行中の身。

振り返り

7/27分。8/1記載。5日遅延。

 

7/31の振り返り。

 

 

課題・対策①:見積もりミス

ヒアリング活動を実施している際に、ヒアリング後の情報まとめ・連携の時間が見積もれていなかった。

ヒアリング活動のアポどりの設計の際に、ヒアリング後の情報収集および連携、更にその先の対応工数を見込んでおくようにする。

ヒアリングの情報収集・連携で、30分~1時間ぐらいかかる。

また、その先の対応工数で、30分~1時間ぐらいかかる。

これらの工数を見込んで全体のスケジュールを設計しておく。

 

 

課題・対策②:連絡スピードが遅い

アポイントメントのための連絡先交換の要望を出し、その許可をいただけてから、最初の連絡が遅い。

このスピード如何で、その先も連絡が続くかどうかが決まる。

 

アポイントメントの取りすぎは課題だったが、最初の連絡だけは速く送るようにする。

打ち合わせ中じゃなければ、許可をもらえたことが分かってから5分以内に送る。

打ち合わせ中であれば、打ち合わせ完了後、5分以内に送る。

 

アポイントメントを詰め込みすぎないようために、その後の日取りの調整を後ろ倒しにして、負荷を分散する。

 

 

課題・対策③:Tダウン

人を紹介するときに、紹介する人のことを悪く言う必要性は全くない。

フラットな情報だけを伝えればよい。

「悪い解釈」を伝えると、紹介先の人のモチベーションが下がってしまう。

Tアップならぬ、Tダウンになってしまう。

 

もし、紹介する人があまりにもよくないのであれば、そもそも紹介すべきではない。

Tアップして、紹介した時に、紹介する人が紹介先の期待に応えられるかどうかは、紹介する人次第の部分もある。