バナオの奮闘記

筑駒→東大→コンサルとエリートコースを歩んだ後、起業に挑戦したら大失敗。今はとある社長のもとで修行中の身。

思ったこと

 思ったこと。

 

見栄をはる

大きな会社に勤めている。

誰もが知っている会社に勤めている彼氏と付き合っている。

何億というお金を動かしている。

キレイなビルにオフィスが入っている。

外資系の有名な企業に勤めている。

自分が無知なことを知られたくない。

 

 

歯車を量産する仕組み

ほとんどの人は見栄で大企業にいく。

大企業にいって会社の歯車になる。

歯車になると外の世界は分からなくなる。

会社が与えてくれた営業先をまわる。

ほとんどの時間を会社の人たちと過ごす。

周りよりちょっと優位に立って喜ぶ。

少しずつ給料が上がって喜ぶ。

 

 

悲しい現実

将来は不安なので貯金もする。

給料は上がらないので、贅沢はできない。

やりたいこと、欲しいものがあっても我慢する。

だんだん自分の願望が分からなくなる。

手っ取り早い快楽を求める。

ゲームやSNSに没頭する。

ふと辛い現実に戻る。

でも、現実を変える勇気はない。

だから、今日も満員電車に乗って会社にいく。