バナオの奮闘記

筑駒→東大→コンサルとエリートコースを歩んだ後、起業に挑戦したら大失敗。今はとある社長のもとで修行中の身。

振り返り

8/6~8/14までの振り返り。

 

感情への配慮

相手の期待値を下回ると、相手の感情は非常に悪化する。

だから、実現できないことを、約束してはならない。

特に、共同創業などの人生の転機になるような大きな約束は、迂闊にするべきではない。

相手との相性や、取り組む事業内容や、事業における役割分担などが十分に明確にイメージできてから、話を進めるべきだ。

 

 

日程調整時の日程指定の仕方

日程調整において、一つの日程しか提示されない場合には、「ほとんど会う気持ちがない」ということを意味する。

その場合、提示された側は、本当に会いたいのであれば、何としてでもその日程に行かなければならない。

もし、そこまで会いたくないのであれば、別の候補日程を提示するのもアリだが、ほとんど決まらないと思った方がよい。

 

 

メンバー選択の重要性

プロジェクト実施時には、最初のメンバーの選択次第で、プロジェクトの成否が決まる。

最初のメンバーを間違えなければ、プロジェクトは成功する。

メンバーの選定にあたってのチェックポイントには、以下のようなものがある。

・プロジェクトの実現イメージは明確か

・そのイメージはメンバー間で共有されているか

・メンバーのスキルは補完関係にあるか

・メンバーの価値観は一致しているか

これらが全てOKであれば、プロジェクトは成功する。

 

 

収支計画の見積もりミス

「売上は半分、支出は倍で見積もる」が原則。

特に支出において、予想もしない出費が発生する可能性は高いからだ。

十分なバッファを確保しておく。

 

ただ、いつまでも売上は半分、支出は倍だと、正確な見積もりが立てられない。

バッファは確保するものの、見積もりに関してはPDCAを繰り返して、精緻化していかなければならない。

 

 

サービス初期におけるプロトタイプ制作の重要性

プロトタイプを実際のUIのイメージで構築することは非常に重要。

UIはフローチャートや文章でも表現できるが、それだとイメージがつかめない。

プロトタイプを制作すると、具体的にイメージがわき、ユーザーの気持ちになって検証することができる。

チームメンバー間の意志も統一させることができる。